3年以内既卒者の新卒扱いはどうなんですか?

MENU
3年以内既卒者の新卒扱いはどうなんですか?

各種学校を卒業して3年以内の既卒未就職者にとって、2010年11月の雇用対策基本法の指針で「卒業後3年以内は新卒扱いとすべし」となったのは、一見すると喜ばしい事のように見えます。

 

しかし、この「卒業後3年以内は新卒扱いとすべし」をよくよく考えてみると、喜ばしいとは言えない事情もあるのです。

 

まず、最初に気になるのが、「3年以内の既卒」という部分です。

 

勘のいい人は気づいていると思いますが、卒業後に就職をして3年以内の人も対象になりうるということです。

 

3年以内の既卒就職者は従来の第二新卒にあたります。

 

研修を受け、職務経験もある3年以内の既卒就職者は企業からすると教育の必要があまりないので、一から教育をしなければならない新卒や既卒未就職者にとって不利になりかねません。

 

新卒で入れなかった会社にもう一度挑戦できる絶好のチャンスだとばかりに、挑戦する卒業後3年以内の第二新卒が増える可能性があります。

 

また、3年以内の既卒が新卒扱いになって、表向きは3年以内既卒未就職者の応募がOKでも、裏では従来の既卒と変わらないという考えの企業もあるので、新卒扱いという言葉にぬか喜びしてはいけません。

 

新卒で就職できなかったのは、何かしらの欠けている要因があるんじゃないかと思っている採用担当者もいて、まっさらな人材を採るのであれば新卒をということにもつながってきます。

 

募集要項で応募資格が「3年以内の既卒者」となっていたら、新卒・3年以内の既卒未就職者・3年以内の既卒就職者の間で競争が激しくなる可能性があるので注意です。

 

既卒未就職者は今まで以上により一層奮起しなければならないのです。

 

そこで、どのように既卒未就職者が就職活動をしたら良いのかですが、JAIC営業カレッジやいい就職.comのような既卒就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加