ハローワークの奨励金制度利用求人とは?

MENU
ハローワークの奨励金制度利用求人とは?

まず、ハローワークの奨励金制度利用求人がどういったものかに触れたいと思います。

 

具体例として、既卒(卒業後3年以内)に関係のあるトライアル雇用奨励金で見ていきましょう。

 

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者(※)等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

 

※厚生労働大臣の許可を受けた有料・無料職業紹介事業者、届出を行った無料職業紹介事業者、または無料船員職業紹介事業者(船員として雇い入れる場合)のうち、本奨励金に係る取扱いを行うに当たって、厚生労働省職業安定局長の定める項目のいずれにも同意する旨の届出を労働局長に提出し、雇用関係奨励金に係る取扱いを行う旨を示す標識の交付を受け、これを事業所内に掲げる職業紹介事業者

 

以上が、トライアル雇用奨励金の助成内容の概要になります。

 

このトライアル雇用をすることによって、企業に対して国から雇用奨励金が支給されます。

 

企業に奨励金の出るインターンシップのようなものです。

 

トライアル雇用は求職者にとっては自分に向いた仕事なのか体験できる、企業側も自社に合った人材かどうかが分かるという点でミスマッチを解消できる良いシステムのように見えます。

 

ところが、この奨励金は原則として最長3ヶ月間を対象として企業に支給されるため、期間が終わる頃には雇用を継続するか否かの判断に移行します。

 

ここでポイントなのが、トライアル雇用を利用している企業が人の出入りが激しくなくて、未経験者の採用に積極的で長期的に雇用の意思がある企業であるかどうかです。

 

いくら自分の適性が合っているとは言っても、労働環境が悪かったり、3ヶ月で終わってしまっては意味がありません。

 

ハローワークの相談員の方と入念に相談をした上でトライアル雇用求人を利用してください。

 

しかしながら、人を雇って企業に奨励金が出る求人よりも、紹介してもらった求職者を雇って人材紹介手数料を払う就職支援サービスを利用する方が、企業も真剣です。

 

若年層を対象とした就職支援サービスでおすすめなのは、いい就職.comとハタラクティブです。ともに既卒未就職者の就職支援に力を入れています。

このエントリーをはてなブックマークに追加