MENU

派遣の定義とは

既卒と派遣はあまり関係はないのではと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

まずは、派遣の定義を知ることから始めて、派遣を就活に活かしましょう。

 

目次

  1. 派遣とは
  2. 派遣に向いていない人
  3. 既卒は紹介予定派遣を利用すべき

 

派遣とは

人材派遣には複数の種類があり、一般派遣と紹介予定派遣、特定派遣があります。

 

一般派遣の場合は派遣期間が過ぎると雇用が終了してしまうため、違う派遣先を探す必要があり、正社員・契約社員になる可能性が低いです。

 

紹介予定派遣は6ヶ月などの一定期間働いた後に、双方の合意のもとで直接雇用に移行するというものですが、契約社員、正社員として働くチャンスが出てきます。

 

特定派遣は人材派遣会社と雇用契約を結んだ上で、派遣先で働くというもので、人材派遣会社の正社員もしくは契約社員であるので、安定度は一般派遣や紹介予定派遣よりもあります。

 

派遣に向いていない人

一般派遣には職務経験のない・浅い人を対象にした求人もありますが、量としては少ないです。

 

また、特定派遣も経験・スキルのある人が優先されやすいので、職歴のない人には向いていないかもしれません。

 

基本的には何らかの職務経験がある人の求人の方が多いです。

 

ですので、派遣求人サイトで探したり、人材派遣会社に登録しても、すぐに仕事が見つかるとは限りません。

 

既卒は紹介予定派遣を利用すべき

一方で紹介予定派遣ですが、こちらは国や地方自治体が正規の職に就いていない若年者の就労支援として、人材派遣会社と提携して利用されているケースが目立ちます。

 

名称はその年や自治体によって異なりますが、この就労支援事業に参画している企業は正規雇用の意思があるところばかりなので、正規雇用に就きたい既卒のフリーター・ニートにとってはチャンスです。

 

求人数も多く、エリアも国・各自治体で行われているので、都心部ではなく地方に住んでいるあなたでも応募しやすいです。

 

仕組みは、一定期間の研修の後、企業で一定期間の職務体験を行い、双方の合意のもとで直接雇用に転換するというものです。

 

双方合意のもとなので、企業の方から断りがあったり、求職者の方から断ったりするケースもありますが、だいたいは直接雇用に移行しています。

 

従って、正社員を目指すのであれば、正社員になれる可能性のある紹介予定派遣の方が良いでしょう。

 

以上のまとめ
  • 人材派遣には一般派遣と紹介予定派遣、特定派遣と複数の種類がある
  • 基本的に、職歴のない人には向いていない
  • 一般派遣よりも紹介予定派遣の方が既卒を対象にした求人が多く、正社員を目指しやすい

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加