就職支援サービスの種類と選び方

MENU

就職支援サービスの種類と選び方

既卒の就職支援サービスは一見するとどれも同じように見えますが、よく見ると3つの種類があります。

 

それは、

  1. 一般型の既卒就職支援サービス
  2. 研修型の既卒就職支援サービス
  3. ハローワーク

の3つです。

 

一般型の既卒就職支援サービス

一般型の既卒就職支援サービスとは、就職アドバイザーが求職者に就職相談や求人紹介、選考のサポートを行い内定までを無料でサポートするものです。

 

就職支援サービスの基本形と言えるものです。

 

例としては、いい就職.com、ハタラクティブ、ウズキャリ既卒、DYM就職があります。

 

研修型の既卒就職支援サービス

研修型の既卒就職支援サービスとは、一般型のサービス内容に加えて一定期間の研修を行うという違いがあります。

 

研修を修了すると次のステップが面接から始まるので、書類選考で引っかかている人におすすめと言えます。

 

この代表的な例としては、ジェイック営業カレッジ、スタトレがあります。

 

ハローワーク

各都道府県で就職相談、求人紹介、選考のサポートなどを無料で行ってくれます。

 

既卒対象の求人も多く、民間の就職支援サービスに比べて地域密着性が高いという違いがあります。

 

特に、学校卒業後3年以内の場合は、新卒応援ハローワークの対象になっているので、該当者は利用してみましょう。

 

それ以降の場合は、わかものハローワークを利用しましょう。

 

ちなみに、人材派遣も上記の仕組みと似ていますが、雇用形態が派遣となり最終的に正社員として働けるかどうかは本人次第となります。

 

種類を把握したら、どうやって選べばいい?

就職支援サービスの種類を把握したら、次は選択に移ります。

 

既卒になってしまったことに負い目を感じている人も多いと思いますが、それでも既卒の就職活動に自信のある人は、いい就職.comやハタラクティブなどの一般型の既卒就職支援サービスやハローワーク、就職Shopを選びましょう。

 

選考をスピーディーに進めていきたいならこの3つです。

 

一方で、完全に自信を失ってしまったり、既卒として就職活動をしているけど全く進展がないという人は研修型の既卒就職支援サービスを選びましょう。

 

一定期間の拘束がある、年齢制限がある、求人のエリアや研修場所が主に東京・大阪が中心という点があるので、地方の人は利用しづらいかもしれません。

 

ただ、生涯で得られる収入を考えれば、東京や大阪での滞在費・交通費は一時の支出に過ぎません。

 

研修をきちんと修了すれば面接からスタートできるという利点もあります。

 

以上のまとめ
  • 就職支援サービスの種類は一般型、研修型、ハローワークの3つ
  • 自分に自信のない人は研修型の就職支援サービスがおすすめ

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加