検索型サイトとコンサル型サイトの違い

MENU

検索型サイトとコンサル型サイトの違い

求人サイトには2種類あります。

  1. 検索型サイト
  2. コンサル型サイト

です。

 

検索型サイト

前者の検索型の求人サイトは、サイトに求人情報が掲載されていて、求職者が求人サイトを通じて直接企業に応募する形になります。

 

いわゆる一般的な求人サイトがこれにあたります。

 

代表的な例としては、Re就活、リクナビダイレクト既卒版、はたらいく、ワークゲート、リクナビNEXTなどです。

 

コンサル型サイト

後者のコンサル型サイトは、いわゆる就職支援サービスというものにあたります。

 

コンサル型サイトの具体的なサービス内容は、サイトに一部の求人情報を掲載して登録者を募り、就職までをサポートするところと、求職者を集めて一定期間の研修の後、企業との面接をセッティングし、就職までをサポートするところに分かれます。

 

一般的な就職支援サービスの例としては、いい就職.com、ウズキャリ既卒、DYM就職、ハタラクティブなどがあり、研修型の就職支援サービスの例としては、JAIC営業カレッジ、スタトレが挙げられます。

 

検索型サイトのメリット・デメリット

検索型サイトのメリット

  • 検索型サイトは登録から応募・選考までのレスポンスが早い
  • 自分に合っている求人、合わない求人がすぐに分かる

 

検索型サイトのデメリット

  • 就職活動の相談ができない
  • 応募書類の書き方指導がない
  • 面接の受け方の指導がない
  • スケジュールの調整を自分でしなければならない

 

コンサル型サイトのメリット・デメリット

コンサル型サイトのメリット

  • 就職支援会社に推薦してもらえる
  • 応募書類の書き方を教えてくれる
  • 面接の受け方を指導してくれる
  • 既卒の求人(特に正社員)を紹介してくれる
  • 面接から選考がスタートできたりすることもある

 

コンサル型サイトのデメリット

  • コンサル型サイトは登録面談、選考対策、研修があるのでその分選考までに時間がかかる
  • コンサル型サービスの数が少ない
  • サービス拠点もしくは求人対応地域が限られている
  • 就職アドバイザーと相性が合わないことがある
  • 面談で摺り合わせをしっかりしておかないと、自分に合わない求人が紹介されることがある

 

以上のまとめ
  • 自分で就活するのに自信が無い人はコンサル型サイトを利用しましょう。
  • 検索型サイトとコンサル型それぞれに一長一短があります。

 

なお、既卒求人サイト特集では、検索型の求人サイトについて情報を提供していきます。

 

コンサル型サイトに関しては既卒就職支援サービス特集をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加