就職支援サービスの定義とは

MENU

就職支援サービスの定義とは

就職支援サービスって何?と聞かれなくても名前から意味は分かるとは思いますが、あえて解説させていただきます。

 

就職支援サービスとは何か

既卒就職支援サービスとは、学校を卒業(・中退)したフリーターやニートなどの非正規雇用者の正社員・契約社員化をサポートしてくれる人材紹介サービスのことを指します。

 

非正規雇用者といっても、派遣社員の扱いは微妙なところなのです。

 

オフィスワーク(例えば事務)の派遣であれば職歴になるので別ですが、単発のイベントへの派遣であれば、アルバイトと変わらないので、非正規雇用者に含みます。

 

中途採用者向けは転職支援サービスや転職エージェントと呼ばれるものがありますが、仕組みは全く一緒です。

 

基本的には、既卒のフリーター・ニートに特化していますが、職歴の浅い第二新卒を対象にしているところもあり、職歴のなさ・浅さを気にしている人にとってはありがたいサービスです。

 

事業者は民間と公共に分かれていて、民間はハタラクティブ、いい就職.com、ジェイック営業カレッジなどが有名で、公共は新卒応援ハローワークです。

 

人材紹介だけではなく、人材派遣も含めると事業者はもっとあります。

 

何れにしても、利用に関しては無料なので、求職者への負担は一切ありません。

 

民間と公共の就職支援サービスの違い

民間と公共の就職支援サービスの違いについて述べておきます。

 

就職支援サービスとは文字通り求職者の就職を支援するサービスのことを指します。

 

就職支援サービスは自治体が行ういわゆるハローワークが提供するものと民間の職業紹介会社が提供するものに分かれます。

 

上述の通り、どちらを利用する場合も求職者への金銭的な負担は一切ありません。

 

ちなみに民間の職業紹介会社は有料職業紹介事業者となっていますが、これは求職者からではなくて、求職者を採用した会社から紹介料を貰うという意味での有料なので、求職者はお金のことを心配する必要はありません。

 

ハローワークと民間の職業紹介会社にはいくつか異なる点があります。

 

まずハローワークは求職者を採用する会社から紹介料を貰いません。待遇の交渉もしません。

 

一方で民間の職業紹介会社は求職者を採用する企業から紹介料を貰います。待遇の交渉はしてくれます。

 

その他の書類の書き方や面接の受け方といったサービスは双方とも対応してくれますが、採用する会社の企業風土や仕事内容といった内部情報は、民間の職業紹介会社の方がデータを豊富に持っているので、選考対策という点では民間の職業紹介会社の方が良いかもしれません。

 

以上のまとめ
  • 既卒就職支援サービスとは、学校を卒業(・中退)したフリーターやニートなどの非正規雇用者の正社員・契約社員化をサポートしてくれる人材紹介サービス
  • 民間と公共の就職支援サービスの違いは、民間の職業紹介会社は企業から報酬をもらうが、ハローワークはもらわない

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加