母校の就職課(キャリアセンター)を利用する

MENU

母校の就職課(キャリアセンター)を利用する

なぜ、既卒の職探しの手段の中で、母校の就職課(キャリアセンター)を利用するのが良いのかをまとめました。

 

  1. 最も親身になって既卒の就職活動をサポートしてくれる
  2. 卒業生が在籍している会社から求人が来る可能性が高い
  3. 能動的な母校の就職課の利用の仕方

 

最も親身になって既卒の就職活動をサポートしてくれる

既卒の職探しの手段の中で、最も親身になって既卒の就職活動をサポートしてくれるのが母校です。

 

既卒であっても就職が決まれば、母校の側としても就職実績ができるだけでなく、きちんと面倒を見てくれるというイメージを世間的に広げることができるので、それが新たな学生獲得につながるわけです。

 

高校であれば進路指導室、短大や大学・大学院であれば就職課・キャリアセンターに相談しましょう。

 

卒業生が在籍している会社から求人が来る可能性が高い

母校の就職課には、卒業生が在籍している会社から求人が来る可能性が高いです。

 

これは新卒の場合だと思われがちですが、実は既卒にも当てはまります。

 

「卒業したからもう関係ないや」と思っている人は、就職できるチャンスを逃していることになるのです。

 

卒業生が在籍している企業からの求人は、他の既卒可の求人に比べて書類選考のハードルが低いため、面接選考を受けられる可能性が高まります。

 

なかなか書類が通過しないと悩んでいる人にとって朗報です。

 

さらに「卒業生が在籍している」ではなく、「卒業生が経営している」会社からの既卒求人でればベストです。

 

つまり、社長が「同じ学校の出身者を採用するよ」と言っているようなものです。ぜひそのような求人があったら応募しましょう。

 

以上が受動的な母校の利用の仕方です。

 

能動的な母校の就職課の利用の仕方

一方で、能動的な母校の就職課の利用の仕方があります。

 

それは母校のネットワークを利用した求人探しになります。

 

学校では卒業生の進路先を把握していますが、その進路先の企業に直接問い合わせるのです。

 

実はこうした積極的なアプローチをする人は全くいません。非常にもったいないです。

 

自ら問い合わせしづらいということであれば、就職課のスタッフの方にお願いしましょう。

 

以上のまとめ
  • 母校の就職課(キャリアセンター)は既卒にも親身なって就職活動のサポートをしてくれる
  • 卒業生が就職した会社や経営している会社から求人が来る可能性が高い
  • 卒業生の進路先企業へ求人募集しているかどうか問い合わせをする
このエントリーをはてなブックマークに追加