新卒就職サイトを利用する

MENU

新卒就職サイトを利用する

既卒の職探しの手段の中で、新卒就職サイトを利用することは最適な手段ではありません。

 

そこで、利点と問題点をまとめました。

 

  1. 卒業後3年以内の未就職者であれば利用できる
  2. 既卒が応募できるとは言っても、実際は新卒がメイン
  3. 卒業後3年を超えた既卒未就職者は恩恵にあずかれない

 

卒業後3年以内の未就職者であれば利用できる

既卒未就職者になって困ることの一つが、既卒向けの求人探しです。

 

学校を卒業してしまえば、社会人経験のあるなしに関わらず、求人情報というのは基本的にひとくくりにされます。

 

ほとんど新卒と年齢は変わらないし、就業経験もないのに、新卒の就職サイトは使えないのか…

 

と悩んでいる既卒未就職者にとって一筋の光になったのが、卒業後3年以内の既卒者は新卒扱いという国の方針です。

 

つまり、卒業後3年以内の既卒者でも、新卒の就職サイトを使っていいわけです。

 

事実、リクナビやマイナビなどの新卒就職サイトは、年々既卒向けの求人が増えています。

 

既卒が応募できるとは言っても、実際は新卒がメイン

一方で問題がないわけでもありません。

 

既卒でも受けられる求人があっても、本来の新卒の求人と比べるとまだ少ないです。

 

しかも、求人が増えているとはいうものの、採用する企業の側もまだ積極的ではなく、国の方針が浸透しきっていないというのが現状です。

 

つまり、実際のところは新卒がメインなわけです。

 

卒業後3年を超えた既卒未就職者は恩恵にあずかれない

加えて、卒業後3年以上経っている既卒者はその枠からあぶれてしまっているので、恩恵にあずかることができません。

 

従って、新卒就職サイトを利用しても意味がないので、意外に既卒の求人がある転職・求人サイトを利用するのもおすすめです。

 

ただし、新卒就職サイトに求人を掲載しているということは、若年層の採用には関心があると考えられるので、個別に問い合わせをして応募できるように交渉することはすべきです。

 

もしかしたら、転職・求人サイトよりかは応募できる確率が高いかもしれません。

 

キソサポでは、既卒でも受けられる転職・求人サイトを既卒求人サイト特集で紹介しているので、もしよかったらご覧になってください。

 

以上のまとめ
  • 卒業後3年以内の未就職者であれば、補助的に利用するのはあり
  • 新卒就職サイトは当然新卒がメイン
  • 卒業後3年を超えた既卒未就職者の利用には適さないが、掲載企業に個別に応募できるか問い合わせをするのはあり
このエントリーをはてなブックマークに追加