企業へ直接問い合わせる

MENU

企業へ直接問い合わせる

なぜ、既卒の職探しの手段の中で、企業へ直接問い合わせるのが良いのかをまとめました。

 

  1. 新卒者や社会人経験者でもあまり取り組んでいない就職手段
  2. やる気、熱意があると思われて可能性が広がる
  3. OB企業や転職求人サイト掲載の企業であれば応募できる可能性が高まる

 

新卒者や社会人経験者でもあまり取り組んでいない就職手段

既卒の就職手段として最もバイタリティが求められるのが、「企業へ直接問い合わせる」です。

 

企業へ直接問い合わせると聞くと、どうしてもおっくうになってしまいますよね。

 

でも、新卒者や社会人経験者でもあまり取り組んでいない就職手段なので、企業側のニーズに合致すれば、就職に近づけます。

 

やる気・熱意があると思われて可能性が広がる

ここでポイントなのが、企業側のニーズです。

 

既卒未就職者を求めているかどうかは、企業に直接確認しない限り分かりません。

 

ただ、問い合わせの前にやっておくことがあります。それは、企業分析です。

 

なぜ企業分析なのかというと、選考を受けさせてくださいとお願いする時の説明に説得力を持たせるためです。

 

企業分析もなしに単純に、「選考を受けさせてください」「既卒者は募集していますか?」と聞いても門前払いにあうのが目に見えています。

 

「御社の今の事業戦略の中で若手人材の必要性が出てきているので、選考を受けさせてください」という流れにもっていけば、やる気・熱意があると思われて可能性が広がるわけです。

 

OB企業や転職求人サイト掲載の企業であれば応募できる可能性が高まる

「母校の就職課(キャリアセンター)を利用する」や「転職・求人サイトを利用する」にあるように、応募したい企業が大学のOB・OGが運営している企業であったり、転職・求人サイトの未経験者募集の求人であれば、さらに応募できる可能性が高まります。

 

大学のOB企業であれば、取りあえず一回会ってみようかという気になりやすいですし、転職サイトの未経験者の求人であれば、既卒未就職者もターゲットになっている場合があるので、このような選択肢をとるのも一つの方法です。

 

以上のまとめ
  • 企業への応募問い合わせは経験者・未経験者問わず誰もあまり取り組んでいない就職手段
  • しっかりと企業分析した上で問い合わせをすれば、やる気・熱意があると思ってもらえる
  • 問い合わせ先がOB企業や転職・求人サイトの未経験者募集をしている企業であれば、応募できる可能性が高まる
このエントリーをはてなブックマークに追加