リクナビNEXT(リクナビネクスト)

MENU

リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT(リクナビネクスト)
求人地域 非公開求人 既卒求人 登録料
全国 あり(スカウト) あり 無料

リクナビNEXT(リクナビネクスト)の押さえておくべきポイント

  • 求人を探す時は、「新卒」「既卒」「第二新卒」「未経験」で検索
  • 最大限に活用するにはレジュメ登録をする
  • 全国の求人を取り扱い

各ポイントをチェック

求人を探す時は、「新卒」「既卒」「第二新卒」「未経験」で検索

リクナビNEXTは職務経験のある人の求人が大半のため、既卒者は利用を遠慮しがちですが、よくよく検索をしてみると既卒向けの求人もあるので穴場と言えます。求人を探す時は、キーワードから探すで、「新卒」「既卒」「第二新卒」「未経験」のキーワードを入れて検索しましょう。

スカウトを活用してチャンスを待つ

リクナビNEXTで求人を探すだけでは物足りません。就職の機会を広げるためにスカウトを活用しましょう。「えっ、スカウト登録できるような職務経験なんてないけど…」と思うかもしれませんが、アルバイト経験がある人はその内容を書けばいいですし、無い人は「学校でどんなことを勉強してきたのか」や「キャリアビジョン」を書けばいいのです。もちろん、レジュメを見てすぐにスカウトが来るというわけではありませんが、ちょうど企業が未経験者の募集をかけようとしている時にレジュメを見てくれれば、思わぬチャンスをゲットできます。

全国の求人を取り扱い

リクナビNEXTの求人エリアは全国なので、Uターン・Iターン就職も可能です。

 

リクナビNEXTの評判・体験談

 

第二新卒の就職活動でリクナビNEXTを利用しました。

 

求人があるのか不安でしたが、以外にも新卒や既卒・第二新卒OKといった求人が結構ありました。

 

それでも、職務経験の豊富な人に比べて募集している数は少ないので、スカウト登録をして興味を持ってくれる企業を募ろうと試みました。

 

登録のフォームでどうやってアピールすればいいか困っていましたが、リクナビNEXT内に応募書類の書き方のコンテンツがあったので、それを参考にしました。

 

最終的に面接でダメでしたが、第二新卒でもオファーをもらうことができたので、リクナビNEXTでスカウト登録をする価値はあります。

(24歳・男性)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加