MENU

ワークゲート

ワークゲート
求人地域 スカウト 既卒求人 登録・利用料
全国 あり あり 無料

ワークゲートの押さえておくべきポイント

  • こだわり条件の「+αにこだわる!」で求人探し
  • 「企業に質問する」を利用して求人開拓
  • スカウト登録してチャンスを待つ
  • 掲載している求人は全て募集中
  • 全国の求人を取り扱い

各ポイントをチェック

こだわり条件の「+αにこだわる!」で求人探し

ワークゲートで既卒求人を探す時は、こだわり条件から探すの中にある、「新卒OK」「第二新卒OK」「未経験者歓迎」の項目をチェックしましょう。

「企業に質問する」を利用して求人開拓

ワークゲートの特徴の一つに、「企業に質問する」があります。「企業に質問する」をどこで使うかというと、経験者を求めている求人で使います。もちろん最初から経験者を求めているので、無理なのは承知です。しかし、採用計画が変わったり、急な欠員が出た場合に、すぐに就職できる既卒は有力な採用候補者となります。

スカウト登録してチャンスを待つ

ワークゲートの能動的な活用方法が「企業に質問する」であるならば、受動的な活用方法は「スカウト」です。これも、「企業に質問する」と同様に、欠員や採用計画の変更ですぐに人を求める場合があるので、「スカウト」に登録しておくと就職のチャンスが広がります。

掲載している求人は全て募集中

ワークゲートに掲載されている求人は全て募集中のため、スムーズに就職活動が進みます。

全国の求人を取り扱い

ワークゲートの求人エリアは全国なので、Uターン・Iターン就職も可能です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加