選考がうまくいっていない人の就活方法

MENU

選考がうまくいっていない人の就活方法

書類選考が不通過だったり、面接で落ちたりして選考がうまくいっていない人は、選考が進まない原因を第三者に診てもらうということが必要だと思います。

 

その第三者というのは、

  • 両親
  • 友人
  • 母校の就職課担当者
  • 就職アドバイザー

などです。

 

まず、手っ取り早く診てもらえるのは両親ですね。

 

あなたが大学を卒業したくらいの年齢であれば、特に父親は働いているはずなので、現役の社会人の意見をすぐにもらえるはずです。

 

友人に聞くのも良いでしょう。

 

先に就職して働いているということに思うこともあるかもしれませんが、同世代なわけですから、ほぼ同じ目線でアドバイスしてくれるはずです。

 

数多くの就職アドバイスをしてきている母校の就職担当者に診てもらうというのも、ありだとおもいます。

 

卒業してからはもう関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、相談をすれば既卒者でもしっかりサポートしてくれます。

 

最後に、就職アドバイザーに診てもらうのも選択肢の一つです。

 

既卒向けの就職支援サービスでは、就職アドバイザーが既卒者が就職できるようにサポートしてくれるのですが、企業に人材を紹介して報酬が発生するという仕組みなので、サポート力という点では新卒応援ハローワークよりも上だと思います。

 

以上のまとめ
  • 選考がうまく行かない時は、友人、両親、母校の就職担当者、就職アドバイザーといった第三者に相談する
このエントリーをはてなブックマークに追加