ハローワークの求職情報公開の評判は?メリット・デメリットを交えて解説

ハローワークの適性検査のイメージ就活サービス

実はハローワークにも求職情報公開という逆求人サービスがあることをご存じでしょうか?

ハローワークで求職者登録をする際に、求職者情報を公開することを希望した場合、ハローワークを通じて応募のオファーが来ることがあります。

では、肝心の評判はどうなのでしょうか?

ハローワークの求職情報公開のメリット・デメリットを交えて解説しました。

ハローワークの求職情報公開の特徴

ハローワークの求職情報公開は、民間の逆求人サービスと同様に、プロフィールを見た企業からスカウトを受けることができるサービスです。

事前に求職登録をした上で求職者マイページを開設する必要があります。

しかし、2022年3月22日からハローワークインターネットサービス上でも求職者登録が可能になったため、利用しやすくなりました。

必ず公開される情報が、希望する仕事、希望勤務地、学歴、免許・資格の4つです。

その他にも公開の可否を選択できる項目があります。

連絡はハローワークから直接来る場合と、求職者マイページに来る場合の2パターンがあります。

求職者情報は変更・取消ができるので安心して使えます。

ハローワークの求職情報公開のデメリット

ハローワークの求職情報公開を使う上での注意点・デメリットがあるので確認しておきましょう。

ハローワーク掲載企業の質が良くない

求人の質はヘッドハンティング、エージェント、求人サイト、ハローワークの順に下がっていきます。

なぜなら、ハローワークは無料で求人掲載できるがゆえに、質の良くない企業も多く混じっているからです。

一定期間求人情報を観察してみると分かりますが、募集を出し続けている企業があります。

そういう企業はブラック企業の可能性が高いため、注意しましょう。

その点、マイナビジョブ20’sスカウトアッテミオファーのような民間エージェントの逆求人サービスの方が、企業のスクリーニングをしているため、ブラック企業に当たる可能性は少ないです。

年齢制限のある求人スカウトが来る可能性がある

ハローワークは年齢に関係なく利用できますが、求職者の年齢は非公開のため、年齢制限のある求人スカウトが来る可能性があります。

そういった求人は無視しましょう。

自主応募をする場合に再就職手当等の対象外になる

直近で職歴があり、ハローワークを利用する場合、再就職手当等の支給対象となります。

しかし、求職者情報公開でスカウトが来た企業に自主応募する場合は、支給対象外となるので注意が必要です。

自主応募で生じたトラブルの対応はしない

ハローワーク経由で得た求人でも、ハローワークを介さずに直接応募する場合は、トラブルへの対応はしてくれません。

通常の直接応募と同じ扱いになります。

公開情報に個人情報を含むと前職に知られる恐れがある

民間サービスと同様に、公開情報に個人情報や知られたくない情報を含むと、前職に知られてしまうおそれがあります。

そのため、掲載内容はより慎重になりましょう。

ハローワークの求職情報公開のメリット

ハローワークの逆求人サービスを利用するとどんなメリットがあるのか以下にまとめました。

多くのハローワーク掲載企業にアピールできる

ハローワークはフルタイムの求人が665,518件、新卒・既卒求人が15,628件(何れも2022年4月6日時点)あります。

そのため、全国の多くの掲載企業にアピールすることができます。

キャリアの選択肢が幅広くなる

自分が希望している業界・職種の求人だけでなく、違う業界・職種の求人のオファーが来ることがあります。

つまり、その分だけキャリアの選択肢が広がります。

自分が評価されているかが分かる

求職情報を公開したにも関わらず、全く反応がない場合、魅力的なプロフィールではないことが分かります。

逆にスカウトが多数来る場合は、評価されていることが分かります。

全く反応がない場合は、プロフィールの見直しをしましょう。

ハローワークの求職情報公開が合う人・合わない人

ハローワークの求職情報公開が合う人

居住地の求人を探している人
待ちの就活をしたい人
自分の市場価値を知りたい人

ハローワークの求職情報公開が合わない人

質の高い求人を求めている人

ハローワークの求職情報公開を利用しよう

ここまで、ハローワークの求職情報公開の解説をしてきましたが、興味は沸きましたか?

興味が沸いたら、最寄りのハローワークもしくはハローワークインターネットサービスで求職登録した上で、求職者マイページを開設して利用設定しましょう。

\求職情報公開で可能性を広げる!/
>>ハローワーク公式サイト<<