就活ノウハウ

就活ノウハウ

資格浪人を辞めるタイミングは28歳!そこからの正社員就職の方法も解説しました

弁護士、公認会計士、税理士、公務員になりたい…。あなたは憧れの職業に就きたいと思いながら、大学を卒業しても勉強をし続けてきたと思います。でも、いつまで経っても合格しない。いつまで続ければいいのだろう。そんな気持ちでいませんか?そこで、資格浪...
就活ノウハウ

大学中退者必見!就職活動の問題点別の対処法を解説しました

「やばい、応募できる求人が無い」 「応募書類送ったけどお祈りメールが来た」 「面接まで行ったけど中退理由突っ込まれて頭が真っ白になった」 「自己PRや志望動機が思いつかない」 こんな悩みを解決できる記事になっています。なぜなら、実際...
就活ノウハウ

既卒の履歴書の書き方完全ガイド!項目ごとに書き方のポイントを解説しました

履歴書はエントリーシートともに書類選考だけでなく、面接でも会話の材料としても用いられます。適当に書いてしまうと、答えに窮することになりますが、意図を持って書いておけば、面接官とのコミュニケーションも深まり、良い印象を与えることができます。だ...
就活ノウハウ

既卒で就職できない人必見!就職できない理由別の対処法を解説しました

既卒者になってしまうと就職できないというのは全くの嘘です。きちんと原因を知って、対策を講じれば就職は十分に可能です。ところが、この原因をはっきりと自分で認識していないために、必要な対策が取れず、選考に落ち続けている既卒者が多いです。そこで、...
就活ノウハウ

既卒者が食いっぱぐれない職業に就きたいならITエンジニアを選ぼう

既卒者は就職の確率を高めたいなら営業職を選ぶべきです。 なぜなら、営業職の求人数が最も多いからです。しかし、これはあくまでも就職を目的とした短期的手段です。 将来性の観点だと、営業職も法人の新規開拓能力があれば評価される...
就活ノウハウ

既卒者が自己PR書を評価されたいなら構成に注意すべき理由

既卒者は職務経験が無いので、職務経歴書ではなく、自己PR書の提出を求めてくる企業があります。その際に、自己PR書の構成に注意をしなければなりません。その理由と自己PR書のベストな構成について解説しました。 文字がびっしり埋まっていると読み...
就活ノウハウ

既卒職歴なしからの就職確率を高めたいなら営業職を選ぼう

既卒で職歴が無いと就職活動に苦労します。だからこそ少しでも就職ができる確率を高める方法があればそれを実行すべきです。ではどんな方法があるのかというと、単純なことです。営業職の求人に応募するのです。 営業職を選ぶと既卒職歴なしからの就職確率...
就活ノウハウ

状況別に既卒の就活方法がわかる!5つのパターンを解説しました

就活の仕方が分からない。そんなあなたの状況に応じて5つのパターンに分けて就活方法を解説しました。 卒業後3年以内の人の就活方法 学校を卒業後3年以内の人の場合、国の方針で新卒として扱われることになっています。つまりは、新卒の就職サイトを...
就活ノウハウ

既卒の求人の探し方7パターンを知って行動に移そう

どうやって既卒は仕事を探したらよいのか分からない。そんなあなたには求人の探し方7パターンを見れば、仕事の探し方を知ることができます。 既卒就職エージェントを利用する 既卒就職エージェントとは何かと思う人もいるかもしれませんが、就職支援サ...