既卒面接で言ってはいけないNGワード集【マイナス評価になる】

就活ノウハウ

面接を受けているのに、何で次に進めない、内定が出ないんだろうと思っている既卒者は、発言内容に気を付けた方が良いです。

つまり、NGワードを言ってしまうと、それだけで即不採用になるとは限りませんが、マイナス評価になります。

それが積み重なっていくと、不採用になってしまいます。

だから、なるべくNGワードは言わない、仮に行ったとしても、リカバリーできるようにしておかないといけません。

今回の記事では、既卒面接で言ってはいけないNGワードを集めただけではなく、なぜ言ってはいけないのか、対策も含めて解説しました。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

既卒面接で言ってはいけないNGワード

面接で言ってはいけないNGワードをまとめました。

  • 人の役にたちたい
  • 人と関わりたい
  • 御社の理念に共感した
  • 商品・サービスが好き
  • 残業が少ない会社で働きたい
  • 成長できる御社で働きたい
  • 有給はとりやすいですか

なぜNGワードを言ってはいけないのか?

どうしてこれらのNGワードを言ってはいけないのでしょうか?それには理由が3つあります。

  • 志望意欲が感じられないから
  • 会社は学校ではないから
  • 面接の場にふさわしい質問ではないから

志望意欲が感じられないから

人の役に立ちたいとか、商品・サービスが好きというフレーズは抽象的で誰にでも言えます。

これらの言葉を絶対に話してはいけないわけではないのですが、根拠や具体的なエピソードが無いがために、志望意欲が全く感じられないのです。

会社は学校ではないから

成長したい人ばかり集まってしまうと、結果は二の次になってしまい、売上・利益が上げられなくなって今います。

すると、社員に給料が払えなくなり、赤字になって倒産してしまいます。

だから、「成長できる会社で働きたい」というようなフレーズを言ってしまうと、面接官は「うちの会社は学校じゃないんだぞ」と思いつつ、応募者を不採用にするのです。

面接の場にふさわしい質問ではないから

面接の最後に、「何か質問はありますか?」と聞いてくることが多いです。

その際に、「有給休暇は取れますか?」、「給料はいくらですか?」、「転勤はありますか?」などのような、面接の場にふさわしくない質問をしてしまうと、面接官の印象を悪くしてしまいます。

そもそも面接は、応募者が経営上の問題を解決できる人なのか、活躍できる人なのかを知るために行われるものなので、そのようなことをアピールできる質問をすべきです。

例として挙げた質問は、内定後にすべき質問なので、気を付けましょう。

NGワードへの対策

NGワードでもその言葉に対する根拠や具体的エピソードを添えることによって、全体的にOKにもっていくことはできますが、それでも、最初からOKワードにした方が印象が良いです。

そこで、まずはOKワードへの変更例を見ておきましょう。

NGワードからOKワードへの変更例

人の役に立ちたい → 英語、スペイン語、中国語のスキルを活かして、訪日外国人に観光を楽しんでもらえるアテンドをしたい

役に立ちたいという言葉は、どんな仕事でも当てはまるほど抽象的なので、どのようにして役に立ちたいのかを意識した言葉に変えましょう。

変更せずに、突っ込まれても話せるようにしておく

あえて、NGワードまま話しても、即不採用になるわけではありません。

面接官は抽象的な部分を突っ込んで質問してきます。答えられるようにしておけば、問題ありません。

そのカギとなるのが、具体性です。

つまり、裏付けとなる根拠を詳細に語ることによって、抽象的なワードに説得力を持たせることができます。

例えば、「御社の□□という企業理念に共感しました」と答えるだけでなく、

  • そのきっかけは過去の○○の経験です
  • その経験から△△という考え方を持つようになりました
  • その考え方と御社の理念は似ていると感じたので共感しました
  • 御社に入社しても、□□という理念を体験して働いていきたいです

という流れで答えるようにすると、企業理念というNGワードであっても、まだましになります。

できれば、企業理念は使わない方が良いのですが、どうしてもという場合は上記のようにすると良いでしょう。

自己分析と企業研究をしておくと対策が楽になる

先ほどの、企業理念の例にしても、いきなり企業理念で志望動機を作ろうとすると、抽象的で薄っぺらい内容になってしまいます。

そうならないようにするには、自己分析と企業研究をしておくと楽になります。

自己分析と企業研究をすると楽になる理由

そもそも言葉が抽象的になってしまうのは、考えが浅いからです。

自己分析と企業研究は、自分や企業について深く考えるきっかけになりますし、自己PRや志望動機、その他の質問の材料を探すことにもつながります。

つまり、自己PRや志望動機などが作りやすくなるんです。

もし、新卒の時に、内定が得られなかった、既卒になっても就職先が決まらないという人は、自己分析や企業研究をしっかりやっていなかったと言えます。

今気づけばすぐに挽回できるので、自己分析と企業研究をしっかりやっておきましょう。

既卒就活を失敗したくないなら自己分析を正しくやろう
「書類選考落ちた」 「一次面接で頭真っ白になった」 「自己PRうまく言えなかった」 このように就活に失敗する原因は準備が出来ていないから。新卒、既卒、中途関係ありません。みんな同じです。 主な準備には、面接対策、書類選考対策...
既卒の企業研究のやり方【事例付き】
既卒の企業研究のやり方は新卒と同じです。 既卒だから何か特別なことをするわけではありません。 在学中に内定を獲得したことのある既卒者であれば、企業研究のやり方は分かっているので、スルーしてもらって構いません。 しかし、在学...

就職エージェントに頼むと全てチェックできて良い

「NGワードを言っていないかチェックして欲しい」という希望があれば、既卒向けの就職エージェントに相談してみましょう。

模擬面接という形で、第三者の視点で、発言内容をチェックしてくれるので、自信が持てるようになります。

おすすめはサポートに時間をじっくりかけてくれるところです。

サポートに時間をかけるおすすめの既卒就職エージェント

ウズキャリ既卒