いい就職ドットコムと就職カレッジを徹底比較!おすすめはどちら?

就活サービス

いい就職ドットコムと就職カレッジはどちらも老舗の就職支援サービスです。

就職のサポートをしてもらう際にどちらが良いのか、参考になる情報を徹底比較しました。

比較その1:サービス開始時期

まず、いい就職ドットコムと就職カレッジのサービス開始時期から比較していきましょう。

いい就職ドットコムとは?

ブラッシュアップ・ジャパンが運営する就職支援サイトで、2001年にサービスを開始しました。

かつやくカレッジの監修をしている安田佳生氏が創業した採用コンサルティング会社であるワイキューブの子会社であったことも知られています。

就職カレッジとは?

ジェイックが運営する就職支援サービスで、2005年5月に、営業カレッジとしてサービスを開始しました。(創業は1991年)

2018年12月からは、営業職以外にも職種を広げて、名称も「就職カレッジ」に変更し今に至っています。

どちらも就職氷河期に登場

いい就職ドットコムは2001年、就職カレッジ(当時は営業カレッジ)は2005年と、ちょうど就職氷河期と呼ばれる時期に登場しています。

この時期は、バブル崩壊で企業が採用を絞ったために、就職が決まらずに卒業した既卒のフリーター・非正規が大量に発生しました。

両社とも、この社会問題を解決する先駆けとなりました。

比較その2:サービス形態

いい就職ドットコムと就職カレッジは、既卒・フリーター・第二新卒の就職支援をしている点では同じですが、サービス形態は異なります。

いい就職ドットコムは個別相談型

いい就職ドットコムの就職支援は就職アドバイザーがマンツーマンでサポートする個別相談型です。

自己PRや業界・企業セミナーなども行っていますが、基本的には個別相談で就活を進めていきます。

じっくり相談に乗ってもらいたい人におすすめです。

就職カレッジは研修型

就職カレッジの就職支援は他の就職希望者とともに5日間の就職支援講座を受ける研修型です。

いい就職ドットコムと同様に専任の就職アドバイザーにも相談できます。

サービスのメインは集団での講座受講であるため、仲間とともに頑張れるというメリットがあります。

自分に合っている方を選ぶ

個別相談型、研修型のどちらが優れているということではありません。

じっくり相談に乗ってもらいたいなら、いい就職ドットコムで、基本的なビジネスマナーや就活対策をワンパッケージで受講したいなら、就職カレッジという形で選ぶと良いでしょう。

30代に対応しているのは就職カレッジ

多くの就職エージェントは20代をメインにして、いい就職ドットコムも20代をターゲットとしています。

一方で、就職カレッジは30代にも対応していて、39歳まで利用できます。

30代で既卒から正社員就職したいなら、就職カレッジがおすすめです。

比較その3:対応エリア

就職希望者にとって重要なのが、サポート対応してもらえるかどうかです。

そこで、いい就職ドットコムと就職カレッジの対応エリアをまとめました。

いい就職ドットコムの対応エリア

いい就職ドットコムのサポート対応エリアは全国です。

ただし、全国に拠点があるわけではありません。

拠点があるのは、東京、横浜、名古屋、大阪の4ヶ所です。

就職を希望する拠点を利用するのが通常ですが、地方在住者はメールや電話でのサポートも行っています。

求人エリアに関しては、サイトで求人検索する限り、全国の求人がありますが、数で言うと、拠点のある東京、神奈川、愛知、大阪周辺がメインになります。

そのため、地方で就職をしたい人には向かないかもしれません。

就職カレッジの対応エリア

就職カレッジの対応エリアは限定されています。

拠点ベースでいうと、仙台、東京(3ヶ所)、横浜、名古屋、梅田、広島、福岡になります。

不定期で大宮、千葉、札幌、神戸などでも、就職カレッジが開催されることはあります。

また、記載のないエリアでも就職カレッジが開催されることがあるので、公式サイトをチェックしましょう。

対応エリアが限定されるのは止むを得ない

地元の既卒求人を探すなら、ハローワークやジョブカフェの方が見つかります。

しかし、サポートもなく、チェックもほぼないので、質の悪い求人も多いです。

一方で、いい就職ドットコムや就職カレッジは、独自の審査でブラック企業を弾いているので、求人の質は良いです。

その分、人員を割かないといけないので、拠点を全国に置くというのは難しいです。どうしても、主要都市に集中します。

比較その4:保有求人の書類選考有無

既卒にとって困るのが書類選考です。

なぜなら、新卒の時に比べて通過率が下がるからです。

そのため、保有求人の書類選考有無というのは非常に重要なポイントです。

そこで、いい就職ドットコムと就職カレッジの保有求人の書類選考有無についてまとめました。

いい就職ドットコムは書類選考ありが基本

いい就職ドットコムの保有求人に応募する際は、書類選考が基本的にあります。

ただし、あってme.というサービスは、企業からのオファーがあれば書類選考なしで面談ができるので、全ての求人が書類選考ありというわけではありません。

就職カレッジは書類選考なし

就職カレッジが保有する求人は書類選考がありません。

ただし、条件が合って、5日間の就職支援講座を受講することが求められます。

受講後は約20社との集団面接会が開催されます。

内定までの近さなら就職カレッジ

いい就職ドットコムのアッテミオファーも書類選考なしですが、オファーが無いことには話が進みません。

就職カレッジは講座受講で20社との面接が確約されるので、内定までの近さに分があります。

就職の確率を重視するなら、就職カレッジがおすすめです。

比較その5:実績

最後に両社の実績を比較したいと思います。

いい就職ドットコムの実績

就職率:不明

累計就職人数:10,000名以上

就職カレッジの実績

就職率:81.1%

累計就職人数:20,000名以上

実績は就職カレッジに軍配

就職カレッジの方がいい就職ドットコムよりも就職人数が10,000名以上多いです。

就職率は不明なので、正確に比較できませんが、書類選考がない分、就職カレッジの方が高いでしょう。

おすすめはどちら?

ここまで5つにわたって比較をしましたが、おすすめなのは就職カレッジです。

決め手になったポイントとしては、次の4点です。

  • 不定期での地方開催もある
  • 就職率が高い
  • 就職人数が多い
  • 書類選考なしで確実に20社と面接できる

不定期とは言っても、地方開催も割と頻繁に行われているので、地方在住者でも利用しやすくなっています。

就職率や就職人数の実績も高く、何よりも、書類選考なしで確実に20社と面接できるのは大きいと思います。

以上の点から、就職カレッジがおすすめです。

いい就職ドットコムも就職カレッジもWEB対応しています。