40代既卒におすすめの就職支援機関・求人サイト・資格

40代既卒におすすめの就職支援機関・求人サイト・資格のイメージ就活サービス

40代では、職務経験があっても、高度なスキルや実績がないと転職が厳しいです。

そうなると、職務経験が何もない40代の既卒ニートや、フリーターにとっては、全く可能性さえないと思ってしまいます。

でも決してそんなことはありません。

40代既卒でも、就職できる方法があります。

それは、公共の就職支援機関の利用と、40代既卒でも就職に有利な資格を取得することです。

ぜひ参考にしてください。

40代既卒の就職活動の仕方

40代既卒が就職するためには、対応していない民間のエージェントではなく、公共の就職支援施設を利用することがメインの手段になります。

求人サイトの利用はあくまでも補助的で、就職に有利な資格を取得した上で、該当する求人を探すために使います。

【就職支援機関を使った応募方法】

  1. 40代既卒に対応している就職支援施設(ジョブカフェ、ハローワーク)に登録する
  2. 支援プログラムがあれば参加する
  3. 転職口コミサイトなどを使って、紹介された企業を詳しく調べる
  4. 就職アドバイザーに選考対策の相談をする
  5. 求人に応募する

一般的な既卒就職エージェントと異なり、公共の就職支援施設は、正社員就職支援プログラムが用意されているところもあるので、参加した方が就職が有利に進むこともあります。

直接もしくはプログラム中に求人紹介を受けたら、転職口コミサイトなどで、事前に企業を詳しく調べておくと良いです。

就職アドバイザーから一方的に情報提供されるだけでなく、自分でも調べておくことで、ミスマッチを防いだり、志望動機の作成にも活かされます。

【資格・求人サイトを使った応募方法】

  1. 資格を勉強して取得する
  2. 求人サイトで該当する資格の求人を探す
  3. 転職口コミサイトで、企業研究も兼ねてチェックする
  4. 求人に応募する

求人サイトで40代既卒OKの求人はあったとしても、非常に少ないです。

しかし、資格を取得すれば、それだけで応募出来たり、実務経験を問わない求人もあるので、ちゃん数が広がります。

40代既卒におすすめの就職支援施設

現在は40代に対応している民間の就職エージェントがないため、公共の就職支援施設を利用するのが、最善の選択です。

ジョブカフェ

東京しごとセンターのイメージ

  • 各都道府県にほぼ1つある
  • 財政力のある自治体は支援が充実

自治体が運営する就職支援施設で、各都道府県にほぼ1つあります。

例えば、財政的に力のある東京都の東京しごとセンターは民間の人材会社と提携して、様々なプログラムを実施しています。

30~54歳の個別就職相談を行う「東京しごとセンターミドルコーナー」、短期集中で就活を行う「就活エクスプレス」、15~20日程度のインターンシップを行う「Jobトライ」、2ヶ月間の職務実習を行う「東京しごと塾」は民間のエージェント並みの充実ぶりで、多くの人が就職を決めています。

わかものハローワーク

わかものハローワークのイメージ

  • 国が運営
  • 20代半ばから40代前半が主な対象
  • 各都道府県にある
  • 就職・転職相談、模擬面接に対応

厚生労働省が運営するハローワークの中でも、主に20代半ばから40代前半くらいまでを対象にしているのが、わかものハローワークです。

各都道府県にあり、ジョブカフェと一体化しているところが多いです。

予約をすれば、無料で外部の求人の模擬面接をすることができるので、お得です。

サポステ(地域若者サポートステーション)

  • 全国177ヶ所
  • 厚生労働省がNPOや株式会社に委託
  • 働くことに悩みを抱える15~49歳が対象
  • 就業体験、就活セミナーなど支援内容も充実
  • 1年未満の就職率86%

全国に177ヶ所ある地域若者サポートステーションは、厚生労働省が株式会社などに委託して運営していて、働くことに悩みを抱えている15~49歳をサポートしています。

就業体験、就活セミナー、コミュニケーション講座、ビジネスマナー講座など、働くための自信を付けさせてくれる支援が充実しています。

その支援を利用して、1年未満で就職する人が86%もいます。

40代既卒でも就職に有利な資格

40代既卒でも就職に有利な資格は、設備系の資格で、消防設備士や電気工事士が特に就職につながりやすいです。

消防設備士

  • 8免許全て取得していると厚遇される
  • 合格率30~40%
  • 乙種試験は受験資格の制限なし
  • 甲種の受験資格は第三級陸上特殊無線技士を取得すれば満たせる

消防設備士は、就職に有利に働く資格で、甲種1~5類・特類と乙種6・7類の8免許を全て取得していると、入社時から厚遇され、経験が伴えば500万円以上も十分に目指せます。

乙種の受験資格の制限はありませんが、文系で消防設備士の甲種試験の受験資格を満たすためには、第三級陸上特殊無線技士を取得する必要があります。

合格率89%(平成30年)で、無線技士協会の養成課程6時間と修了試験のみなので非常に簡単です。

第二種電気工事士

  • 合格率は筆記試験が53.3%、技能試験が68.2%(令和2年)
  • 受験資格の制限なし
  • 消防設備士試験の科目免除ができる
  • 試験は年2回

第二種電気工事士は、筆記試験が53.3%、技能試験が68.2%と、独学でも2~3ヶ月で十分合格できるほどの易しい資格です。

受験資格の制限はなく、平均年収が500万円と介護職よりも断然良いため、難易度を考えればとてもお得です。

持っていると消防設備士試験の科目免除ができますが、年2回の試験回数のため、効率的ではありません。

危険物取扱者乙種4類

  • 合格率は39.4%(令和2年)
  • 受験資格の制限なし

危険物取扱者乙種4類は、令和2年は39.4%の合格率で、ビルメン4点セットの中では比較的易しい部類に入ります。(例年は30%)

受験資格の制限はなく、合格すれば他の類の科目免除として使えるため、受験者数も非常に多いです。

危険物取扱者の平均年収は500万円ですが、乙種4類だけだと300万円くらいなので、年収アップをするなら、他の乙種や甲種、または設備系の資格を取得する必要があります。

2級ボイラー技士

  • 合格率は50.8%(令和元年)
  • 受験資格の制限なし(本人確認証明書の添付が必要)

2級ボイラー技士は、50.8%の合格率(令和元年)で、ビルメン4点セットの中では易しい部類に入ります。

本人確認証明書の添付すれば、受験資格の制限はありませんが、免許交付には、実技講習の修了か一定条件における実務経験が必要です。

平均年収は400万円前後ですが、1級・特級も含めた数字なので、2級だけでは意味がありません。

第三種冷凍機械責任者

  • 全科目合格率は18.3%(令和2年)
  • 受験資格の制限なし
  • 5日間の講習受講と検定試験合格で科目免除あり

第三種冷凍機械責任者は、全科目が18.3%、科目免除が79.9%の計24.5%の合格率で、ビルメン4点セットの中では難しい資格になります。(例年だと全科目は30%台)

受験資格の制限はなく、全科目受験と、5日間の講習受講による保安管理技術免除の2パターンの受験方法があります。

平均年収は400万円ですが、上位の資格や関連資格を取得すると年収アップできます。

資格取得後の40代既卒におすすめの求人サイト

消防設備士や第二種電気工事士、その他ビルメンテナンス系の資格を取得したら、求人サイトで、未経験歓迎や、資格があれば応募できる企業を探しましょう。

業界的に人手不足なので、未経験でも応募できるところが多いです。

その際、転職会議、オープンワーク、キャリコネといった転職口コミサイトを併用して、応募しても問題がない企業なのかを確認しておきましょう。(※全ての企業の確認はできない)

リクナビNEXT

リクナビNEXTのイメージ

  • 経験・スキルの建築・土木技術者で求人を探せる
  • 求人は消防設備士25件、第二種電気工事士232件(2021年4月時点)

リクルートが運営する転職サイトです。検索条件の指定から消防設備士、第二種電気工事士の求人を探せます。

いったんトップページで全ての求人を検索してから、検索条件の指定で、経験・スキルの建築・土木技術者を選び、消防設備士、第二種電気工事士をチェックすると該当する求人が出てきます。

その他、取得した資格名でキーワード検索しても求人が出てきます。

登録はこちら(公式サイト)

マイナビ転職

マイナビ転職のイメージ

  • 消防設備士、電気工事士の資格で求人を探せる
  • 「手に職」から探すでも求人が見つかる
  • 求人は消防設備士76件、電気工事士408件(2021年4月時点)

マイナビが運営する転職サイトです。転職ノウハウの資格から消防設備士、電気工事士という資格名で求人を探せるようになっていますが、非常に見つけづらいです。

そのため、トップページの「こんな求人の探し方もオススメ」にある、手に職から探すから探す方が見つかりやすいです。

その他、取得した資格名やキーワード検索、施工管理などの職種を指定しても探すことができます。

登録はこちら(公式サイト)