東京しごとセンターってどんな就活サービス?メリット・デメリットを交えて解説しました

就活サービス

財団法人東京しごと財団が運営している東京しごとセンターってどんな就活サービスなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。

東京しごとセンターの基本情報

東京しごとセンターってどんなサービス?

厚生労働省の指示で都道府県労働局が設置するのがハローワークなのに対して、地方自治体が主体的に設置するのがジョブカフェです。東京しごとセンターは東京都のジョブカフェにあたります。都民の就職を支援する施設で、29歳以下、30~54歳、55歳以上、女性の再就職、非正規から正社員を目指す人向けのサービスに分かれています。

拠点はどこにある?

東京都千代田区の飯田橋に拠点があります。また、国分寺市に東京しごとセンター多摩があります。

東京しごとセンターの年間就職数はどれくらい?

平成29年4月1日~平成30年3月31日の間に就職した人は、ヤング、ミドル、シニア、女性の合計で14,653人います。(※飯田橋のデータ)

東京しごとセンターの利用メリット

東京しごとセンターを利用するとどんなメリットがあるのか以下にまとめました。

自分の状況に合った就活支援が受けられる

東京しごとセンターでは、29歳以下の方向けのヤングコーナー、30~54歳向けのミドルコーナー、55歳以上のシニアコーナ―、女性の再就職支援を行う女性しごと応援テラス、非正規から正社員を目指す方向けのサービス(29歳以下は若者正社員チャレンジ事業、30~44歳は就活エクスプレス、JOBトライ、東京しごと塾)に分かれていて、自分の状況に合った専門の就活支援が受けられます。

都民以外でも利用できる

東京都内で仕事を探すという条件付きですが、他県の人でも東京しごとセンターを利用することができます。実際に利用者の26%が他県居住者です。

平成29年度の就職実績は14,653人

平成29年4月1日から平成30年3月31日の間に就職が決まった人は合計で14,653人です。過年度に登録した人も含まれるので正確な数字ではありませんが、平成29年度に新規登録した26,632人との割合で言うと、半分強といったところです。

ヤングコーナーで72%の人が正社員就職

29歳以下のヤングコーナーで就活サポートを受けて就職した人のうち約72%の人が正社員として採用されています。29歳以下の若い人は正社員就職がしやすいです。

ミドルコーナーは書類選考なしの合同面接会を開催

30~54歳の人を対象にした合同面接会が月1回開催されていて、書類選考なしで参加することができます。

東京しごとセンターを使う上での注意点や欠点

東京しごとセンターを既卒者が利用する上で注意すべき点を確認しておきましょう。

ミドルコーナーの正社員就職割合はヤングコーナーよりも劣る

29歳以下が対象のヤングコーナーは正社員就職の割合が72%ありましたが、30~54歳が対象ののミドルコーナーは45%になります。年齢が上がった分、正社員就職できる割合が減ったことになります。

シニアコーナ―で月給制で働ける人は34%のみ

54歳以上が対象のシニアコーナ―で月給制で働ける人は34%のみです。残りの62%は時給制、4%が日給制です。ミドルコーナーよりも年齢が上がるとさらに雇用面で厳しい状況になりますが、何らかの形で仕事にはありつけています。

東京都内で仕事を探さない人には意味が無い

都内で仕事を探すことが他県在住者の利用条件なので、当然東京以外の求人は無く、地元で就職はできません。地元の求人を探している人は該当エリアに設置されているジョブカフェを利用しましょう。

非正規雇用から正社員を目指すサービスは応募条件がある

若者正社員チャレンジ事業、就活エクスプレス、JOBトライ、東京しごと塾は年齢や直近の正社員歴の期間に条件があるので、全ての人が該当するわけではありません。

東京しごとセンターによくある質問

Q&A形式で東京しごとセンターについてよくある質問とその答えをまとめました。

どの世代が多く利用していますか?

30歳未満の人が利用者の28%を占めていて最も多いです。その他は60歳以上が21%、50代が20%、40代が17%、30代が14%となっています。なお、新規利用者はヤングが26%、ミドルが31%、シニアが29%となっていてさほど差はないです。

ヤングコーナーは既卒者は多いですか?

29歳以下のヤングコーナーで最も多いのは学生で、全体の37%を占めます。一方で未就職の人は4%しかいません。このことから新卒者が利用するのに向いていると言えます。

ミドルコーナーは失業者が多いですか?

30~54歳までのミドルコーナーは在職中の人が全体の51%を占めています。失業者は48%なので、多いです。このことから、在職中の人、失業者どちらでも利用するのに向いていると言えます。

非正規雇用者ですが正社員になれますか?

確実になれるとは言えませんが、可能性は十分にあります。特に30~44歳の非正規雇用者は正社員就職を目指す専門のサービスがあるので利用しましょう。

東京しごとセンターを利用しよう

ここまで東京しごとセンターについて解説してきましたが、興味を持ってもらえたでしょうか?もし興味を持ってもらえたなら無料登録をしましょう。

利用登録は基本的に飯田橋まで赴いて利用申し込み(ヤングコーナーはWEBから事前仮登録できます)をする必要があります。ただし、ミドルコーナーは以下から説明会申し込みが可能です。

>>東京しごとセンターミドルコーナー<<