東京しごと塾の評判は?メリット・デメリットを交えて解説

東京しごと塾の評判のイメージ就活サービス

財団法人東京しごと財団が人材サービス会社に委託して運営している東京しごと塾に興味を持っているけど、特徴や評判がよく分からず、利用すべきかどうか迷っていませんか?

今回の記事では、東京しごと塾について知りたい方に、デメリット、メリット、評判などについて詳しく解説をしたので、参考にしてみてください。

一読した頃には、東京しごと塾に詳しくなっているだけではなく、上手く活用できているイメージが沸くようになっていますよ。

すぐに評判を見たい方はこちら

東京しごと塾の特徴から分かる合う人・合わない人

東京しごと塾が合う人

  • 30~54歳の既卒フリーター・ニート、非正規雇用者
  • 実践的スキルを身につけたい人
  • 適職を探している人
  • 選考で躓いている人

東京しごと塾が合わない人

  • 東京で開催するプログラムに参加できない人
  • 地方で働きたい人
  • 就職・転職を急いでいる人

東京しごと塾は、公益財団法人東京しごと財団(東京都)が人材サービス会社に委託して運営している職務実習型の無料就職支援プログラムです。

対象年齢は30~54歳で、正社員として働いていない人、正社員歴が直近1年間で合計半年未満であることが条件になっています。

正社員に必要な実践的スキルが身に付く職務実習と、カウンセリングは飯田橋にある東京しごとセンターで行われます。

オリエンテーション及びキャリアデザインとビジネス基礎・コミュニケーションに各2日間づつ、課題演習等のグループワークに6週間設定されています。

合計すると約2ヶ月弱の職務実習になり、実習のサポートや就活支援、合同企業説明会や個別職場見学などのマッチング支援も並行して行われます。

プログラム修了後も3ヶ月間はサポートが続き、就職が決まるまでマッチング支援が行われ、セミナーが2回開催されます。

\正社員に必要な実践的スキルが身に付く!/
>>東京しごと塾公式ページ<<

東京しごと塾を使う上での注意点やデメリット

東京しごと塾を既卒者が利用する上で注意すべき点を確認しておきましょう。

29歳以下、54歳以上は参加できない

東京しごと塾は対象年齢が決まっていて、30~54歳までとなっています。

そのため、29歳以下や54歳以上の人は参加することができません。

この場合は若者正社員チャレンジ事業や東京しごとセンターヤングコーナー、ミドルコーナー、シニアコーナーを利用しましょう。

都内の就職希望者が対象

公益財団法人東京しごと財団(東京都)が運営している東京しごとセンター関連のサービスなので、紹介する求人も都内の中小企業になります。

定員があるので選考がある

1期あたりの定員が20名なので、カウンセリング時に面談があり、選考が行われます。

場合によっては参加できないおそれもあります。

共同作業が苦手な人は向いていない

職務実習はグループで行います。そのため、共同作業が苦手な人は向いていません。

しかし、協調性を身に付けたい、人との対話が上手くなりたいといった苦手なことを克服したい人は参加すべきです。

東京しごと塾の利用メリット

東京しごと塾を利用するとどんなメリットがあるのか、口コミ・評判も交えて以下にまとめました。

協調性・会話力が身に付く

職務実習はグループで行われます。そのため、複数の人と共同してワークをする必要があり、協調性や会話力が身に付きます。

私もロスジェネど真ん中。東京しごと塾(パソナでしたが)の仲間とは今でも連絡を取り合って、時々、呑みにも行っています。大切な仲間が出来るのも東京しごと塾です!

出典:SNSの口コミ

2ヶ月間で実践的スキルが身に付く

職務実習は取材、制作、発表を行います。取材では様々な業界の企業を訪問するので、業界や企業の知識、取材の仕方が身に付きます。

制作では取材した情報をレポートにまとめるので、レポート作成能力が身に付きます。

発表では作成したレポートを周りに分かりやすく伝えることが求められるので、プレゼンテーション力が身に付きます。

今後のキャリア形成に役立つ

職務実習の取材で複数の企業を訪問することで、様々な仕事を知ることができ、自分のキャリア形成に役立ちます。

採用のポイントが分かるようになる

職務実習で作成するのは求人広告なので、取材の相手も企業の人事になり、どのような人材を求めているのかを自然に知ることができます。

この経験を自身の就活に活かすことができます。

専任のジョブトレーナーが就活をサポートしてくれる

専任のジョブトレーナーが求人の紹介だけでなく、応募書類の書き方指導・添削や模擬面接を行ってくれるので、就活でアピールするスキルが身に付きます。

\無料で就活スキルがアップ!/
>>東京しごと塾公式ページ<<

東京しごと塾の評判

東京しごと塾の評判はどうなっているのでしょうか?集めてみました。

良くない評判

公式サイトでは、54歳までとなっているので、おそらく間違えているのでしょう。

良い評判

カリキュラムがしっかりしていて、実績も上がっているので確かにフリーター・ニートにおすすめです。

ツイッターで参加した人の評判がないのが残念ですが、ここで、公式サイトの受講者の声を確認しておきましょう。

40代 男性
無職になって16年。学歴も職歴も若さもスキルもない筋金入りのニートでした。思い切って飛び込んだのが、しごと塾でした。
社会から離れ自信を喪失していましたが、企業訪問で度胸をつけ、面接対策で試行錯誤し一歩一歩積み重ねることで就職への道を見出すことができました。
気付いてみれば、2社から内定が頂け就職ができました。私だってまだやれる!!これから先努力していこうと思います。
アラフォーニートにもチャンスはある!!

出典:「東京しごと塾 受講者の声

30代 女性
私は人前で話す力が欲しくて参加しました。
人前で自信をもって話せない事に、ずっと劣等感を抱いていました。
最初は朝礼でグダグダのスピーチをしていましたが、聴き手の目を見て話せるようになり、面接も受かり就職が決まりました。本当に塾のおかげです。

出典:「東京しごと塾 受講者の声

一人目の方のように、東京しごと塾は、40代でも就職実績があるのが強みです。

だから、年齢で就職をあきらめる必要はありません。

また、グループでの職務実習を通じて、コミュニケーションに慣れるので、二人目の方のように、自分に自信がない人にもおすすめです。

\30代・40代の実績が豊富!/
>>東京しごと塾公式ページ<<

東京しごと塾によくある質問

Q&A形式で東京しごと塾についてよくある質問とその答えをまとめました。

Jobトライとは何が違うのですか?

東京しごと塾とJobトライの主な違いは実習の期間と実習のタイプです。

実習の期間は東京しごと塾が約2ヶ月間なのに対して、Jobトライは15~20日間です。

実習のタイプは東京しごと塾が企業内で働くのではなく職種の体験であるのに対して、Jobトライは企業でのインターンシップになります。

就活エクスプレスとの違いは何ですか?

東京しごと塾と就活エクスプレスの違いはプログラムの内容と期間です。

東京しごと塾は職務の体験ができますが、就活エクスプレスは適職探索や就活実践に特化しているので、職務の体験はできません。

また、東京しごと塾はプログラム期間が2ヶ月間なのに対して、就活エクスプレスは5日間と短いです。

時間をかけずに就活をしたいなら、就活エクスプレスを選びましょう。

働ける自信がありませんが大丈夫ですか?

受講前は不安な気持ちがある人が47%いましたが、受講後は11%に減っています。

プログラムを通じて仕事に必要なスキルが2ヶ月間かけて身に付くので、それが働くことへの自信につながっています。

どんな人が参加していますか?

大卒フリーターで教員を目指していた人、海外ボランティアをしていたけど就業経験が無い人、非正規で教育業界で働いていた人など様々な人が参加しています。

他県在住者ですが参加できますか?

通うことが出来れば他県在住者でも参加できます。

東京しごと塾を利用しよう

ここまで東京しごと塾について解説してきましたが、興味を持ってもらえたでしょうか?

もし興味を持ってもらえたならプログラム説明会の申込みをしましょう。

申込みフォームの入力内容は次の通りです。

  • 応募資格の項目にチェックを入れる
  • 説明会希望日
  • お名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ご連絡希望時間(任意)
  • お問い合わせ内容(任意)

以上を入力した後、「個人情報の取扱について同意する」にチェックを入れて、「入力内容を確認」のボタンをクリックします。内容に問題が無ければ再びボタンをクリックして申込み完了です。

\無料で受講できます!/
>>東京しごと塾公式ページ<<

関連記事 既卒向けおすすめ就職エージェント比較