キミスカは既卒可だけどおすすめできない理由

キミスカ 既卒のイメージ就活サービス

既卒だけどキミスカという逆求人サイトを利用したいと思ったことはありませんか?

キミスカは基本的に新卒向けですが、公式サイトのよくある質問にも、既卒の利用ができると明記しています。

しかし、おすすめできない理由があります。

今回の記事では、そのおすすめできない理由とともに、それでも使うとしたらどのタイミングが良いのかを交えて解説しました。

【理由】新卒向けなので既卒者はスカウトされにくい

既卒がキミスカを利用するのをおすすめできない理由は「新卒向けなのでスカウトされにくい」からです。

とても単純な理由ですが、これはやむを得ません。

現状は新卒至上主義であり、国が「卒業後3年以内の既卒者は新卒扱いをしてください」と言っても、完全にはそうなっていません。

キミスカは既卒者が利用できるようにしているのはとても素晴らしいです。

しかし、利用する側の企業が既卒を採用しようという意識になっていないので、既卒がスカウトされにくい状態になっています。

仮にスカウトがあったとしても、満足のいく企業ではないので、おすすめできません。

もしキミスカを使うならいつ?

スカウトが届きにくくても、少しでも可能性を広げたいと考えている既卒者の方もいると思います。

そこで、もし既卒者がキミスカを使うならどのタイミングが良いのでしょうか?

おすすめの時期は1~3月と9~11月です。

特に2・3月は経験者・未経験者問わず求人市場が活発化する時期であり、このタイミングを逃してはいけません。

9~11月は欠員補充や留学生の採用を行う秋採用の時期で、採用が充足していない企業も早めに人材を確保したいとの思いから攻勢をかけてきます。

ここで注意したいのは、学生でいう卒業間際で使わないことです。

どういうことかというと、卒業間際はもう卒業していくだけで、企業はスカウトをしてこないからです。

つまり、翌年の新卒と同じグループで1~3月に利用しましょうということです。

既卒がキミスカに登録する方法

既卒がキミスカに登録する方法はとても簡単です。

方法は3つあり、LINE・Google・通常の登録です。

ここでは通常の登録の仕方を説明します。

メールアドレスとパスワードを入力して、卒業年の既卒のところにチェックを入れて、卒業年を入力します。

「利用規約に同意する」にチェックを入れて、次へをクリックするとメールが届きます。

メールが届いたら、プロフィールを入力して本格的な利用へと移ります。

キミスカ公式サイト:https://kimisuka.com/

既卒におすすめの逆求人サイト

新卒がメインのキミスカだけではなくて、既卒逆求人サイトがあれば、利用してみたいと思いませんか?

実は20代の既卒・第二新卒を対象にした逆求人サイトが1つだけあります。

それは、アッテミオファーです。

既卒・第二新卒向けの就職エージェントである「いい就職ドットコム」の関連サービスで、いい就職ドットコムに登録した上で、利用登録すると使えるようになります。

アッテミオファーの登録は、10個のパーソナル項目それぞれに10のリストがあり、自分に合ったものを選択して、必要があれば自由項目の記入も利用してするだけです。