Re就活ってどんな求人サイト?メリット・デメリットを交えて解説しました

就活サービス

学情が運営するRe就活ってどんな求人サイトなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。

Re就活の基本情報

Re就活はどんな求人サイト?

学情が運営する20代専門の転職サイトですが、第二新卒だけでなく既卒・ニート・フリーターを対象にした求人もあります。求人検索は働き方のイメージと勤務地、職種で探すことができます。

また、就活の進め方というコンテンツでは適職診断テスト、「ニート・フリーターから正社員を目指す場合の自己PR例文集」、「既卒の面接でよく聞かれる質問とは?」、「特技・趣味で好印象を与えて既卒の就職活動を成功させよう」などがあり、役に立つものばかりです。

既卒の求人数はどれくらい?

既卒歓迎で探すと約700件の求人が見つかります。他にも既卒が応募できる可能性のある求人は、第二新卒歓迎で約730件、未経験歓迎で約710件あります。

Re就活の利用メリット

Re就活を利用するとどんなメリットがあるのか以下にまとめました。

「採用対象・こだわりで探す」で既卒求人が見つかる

Re就活で既卒求人を探す時は、採用対象・こだわりで探すの中にある、「既卒歓迎」の項目をチェックしましょう。また、既卒者特集でも卒業後3年未満の既卒者を対象にした求人情報が掲載されています。

合同企業セミナー利用して求人開拓できる

Re就活を運営する学情では「Re就活のイベント」「就職博」などの合同企業セミナーを主に東名阪エリアで開催しています。合同企業セミナーは企業が出展するのに費用がかかるため、採用する意欲のある企業が集まっています。WEB上での求人応募と併せて「就職博」「Re就活のイベント」に参加して求人開拓・応募をしましょう。

スカウトメッセージに登録してチャンスが拡大

Re就活には企業からのオファーを受けることができるスカウトメッセージがあります。Re就活には既卒の採用に積極的な企業が多いので、就職のチャンスを広げるためにもスカウトメッセージに登録しておきましょう。

就職活動に役立つサポートコンテンツ

就職サポートコンテンツは、Q&A形式で面接や書類選考のノウハウを解説する「Re就活相談室」をはじめ、内定を獲得した既卒者による自己PRや志望動機のアドバイスがある「就職・転職成功のコツ」など盛りだくさんです。

Re就活を使う上での注意点や欠点

Re就活を既卒者が利用する上で注意すべき点を確認しておきましょう。

企業に直接質問できる機能はない

求人の募集要項ページに企業に直接質問できる機能がある求人サイトもありますが、Re就活にはありません。そのため、応募資格で職歴を求めている求人で既卒者が応募できるかを確かめることはできません。

既卒の求人数は多くはない

既卒歓迎の求人数は約700件ですが、他サイトではもっと多くの求人数を持っているところもあります。また、求人サイトはどこも東京の求人が多く、Re就活も東京の求人が多いので、地方の求人はより少なくなっていまいます。そのため、こだわりが強すぎると応募できる求人が無くなってしまう可能性があります。

Re就活のエージェントサービスは首都圏限定

Re就活は、「あなたの適職求人紹介」というエージェントサービスを行っていますが、求人エリアが首都圏に限定されています。一部関西もありますが、地域が限定されているため、遠隔地に住んでいる人は利用が難しいです。

Re就活によくある質問

Q&A形式でRe就活についてよくある質問とその答えをまとめました。

どの職種の求人が多いですか?

既卒歓迎求人の中で最も多い職種が営業系で194件あります。次に多いのが企画・事務・管理系で164件、3番目がITエンジニア系で112件となっています。

就職博と転職博は何が違いますか?

就職博も転職博も既卒・第二新卒は参加できるので大きな違いはありませんが、転職博の方は経験者をメインターゲットとしたイベントです。既卒者が確実に求人を探すのであれば、就職博の方に参加すべきです。

サイト上の第二新卒・未経験歓迎の求人にも応募してよいのですか?

応募はできます。第二新卒や20代の若手社会人がメインの転職博に既卒が参加できるということは、サイト上の第二新卒・未経験歓迎の求人に応募しても問題ないことになります。

正社員の求人のみですか?

契約社員の求人もあるので、全てが正社員の求人ではありません。

あなたの適職求人紹介とは何ですか?

Re就活が運営するスカウトエージェントです。既卒・第二新卒の就職支援を行っていて、就活のサポートをしてくれるので、選考を受けるのに自信が無い人や自分に合っている求人を探して欲しい人に合っています。

Re就活を利用しよう

ここまでRe就活について解説してきましたが、興味を持ってもらえたでしょうか?もし興味を持ってもらえたなら無料登録をしましょう。

登録内容は氏名、メールアドレス、パスワードの入力のみです。最後に「同意して登録を完了する」のボタンをクリックすれば、登録完了です。

>>Re就活公式サイト<<