Re就活エージェントの評判は?メリット・デメリットを交えて解説

Re就活エージェントの評判のイメージ就活サービス

Re就活エージェントが気になっているけど、特徴や評判がよく分からず、利用すべきかどうか迷っていませんか?

名称の「Re」という言葉から分かるように、再び就活を考えている人に人材紹介という形でサポートするサービスです。

今回の記事では、Re就活エージェントについて詳しく知りたい方に、デメリット、メリット、評判などについて解説をしたので、参考にしてみてください。

一通り目を通した頃には、Re就活エージェントへの理解が深まっているだけではなく、上手く活用できているイメージが沸くようになっていますよ。

すぐに評判を見たい方はこちら

Re就活エージェントの特徴

学情が運営するRe就活エージェントは20代の就職・転職を支援している既卒就職エージェントです。

別サービスで、Re就活、あさがくナビ、就職博などを展開しているので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

東京商工リサーチの調査で、転職エージェントの20代登録比率が2021年の2~3月の期間でNo1に輝いています。

面談の拠点を東京、名古屋、大阪に置いており、関東圏、名古屋圏、関西圏の求人を5,000件以上扱っています。

希望や志向性をカウンセリングするだけでなく、適性診断を用いたりして、マッチする求人紹介をしています。

Re就活エージェントを使う上での注意点やデメリット

Re就活エージェントを使う上での注意点・デメリットもあるので確認しておきましょう。

30代以上の利用は向いていない

サイトの最下部のフッターに、「20代以外の方もご利用頂けます。」とありますが、20代の求人が中心なため、30代以上の利用には向いていません。

30代以上の既卒求人を求めるのであれば、確実に対応している就職カレッジ(39歳まで)やキャリアスタート(35歳まで)などを利用しましょう。

求人エリアが関東、名古屋、関西に限定されている

求人は拠点のある東京・名古屋・大阪の周辺に限定されています。

そのため、関東、名古屋、関西以外の地方で就職をしたい人には向いていません。

Re就活エージェントのメリット

Re就活エージェントを利用するとどんなメリットがあるのか以下にまとめました。

社会人未経験からでも就職を目指せる

利用者の35%が社会人未経験であるため、既卒のフリーターやニートからでも就職を目指せます。

マッチングを重視しているのでミスマッチを防げる

適性診断や面談をもとにして求職者にマッチした求人を紹介をしているので、ミスマッチを防げます。

そのため、希望とは違う求人を紹介されることもありますが、選択肢は広がります。

企業ごとの選考対策で通過率が上がる

企業ごとに選考対策をするので、画一的にするよりも通過率が上がります。

募集をしている企業は同じ業界・職種であっても、企業規模やサービスの価格帯によって求める人材像が変わってきます。

それに合わせて対策をしないとアピールが足りなかったり、ミスマッチになってしまうので、企業ごとに対策してくれるのは助かります。

20代を採用する優良企業の求人が手に入る

Re就活エージェントを運営する学情は20代の求人に強いため、20代を採用する優良企業の求人が手に入ります。

面談拠点のない地方在住者はWeb面談ができる

面談拠点は東京、名古屋、大阪の3ヶ所のみのため、地方から関東、名古屋、関西のエリアに就職を考えている人にとって利用がしにくいです。

しかし、Web面談にも対応しているので、地理的な制約はありません。

Re就活エージェントの評判

Re就活エージェントの評判はどうなっているのでしょうか?

SNSで集めてみました。

良くない評判(求人・対応の質が良くない)

上記以外の口コミでも、求人や対応の質が良くないという評判が見られました。

中立の評判(良いのか悪いのか分からない)

上下の口コミを見るとよく分かります。

良い評判(サポートが良い)

良くない評判とは逆に、こちらの口コミではサポートの質が良いという評判です。

キャリアアドバイザーによって対応の仕方が分かれているので、変更できるようであれば申し出ましょう。

Re就活エージェントによくある質問

Re就活エージェントについてよくある質問とその答えをQ&A形式でまとめました。

Re就活エージェントを運営しているのはどんな会社?

Re就活エージェントは東証一部上場の学情が運営していて、20代・第二新卒の転職サイトのRe就活やあさがくナビ、就職博・転職博などの求人関連サービスを提供しています。

どんな業界の求人に強いですか?

IT業界と商社の求人に強いです。

IT業界が27%、商社が23%を占めています。

この2つ以外では、メーカーが14%、人材10%、その他9%、サービス8%、広告6%、教育3%となっているので、バラエティーに富んでいます。

どんな職種の求人に強いですか?

突出して強いのは営業系とITエンジニア系です。

全体の36%が営業系、29%がITエンジニア系です。

Re就活とRe就活エージェントの違いは何ですか?

求人サイトと就職エージェントという違いがあります。

Re就活は自分で求人を探して応募するというスタイルですが、Re就活エージェントは自分に合った求人を紹介してもらって応募するというスタイルです。

Re就活エージェントが合う人・合わない人

Re就活エージェントが合う人

  • 20代の既卒・フリーター・ニート・第二新卒者
  • 適性のある仕事を探している人
  • キャリアアドバイザーにサポートしてもらいたい人

Re就活エージェントが合わない人

  • 30代以上の人
  • 関東圏、名古屋圏、関西圏以外で働きたい人

Re就活エージェントを利用しよう

ここまで、Re就活エージェントの解説をしてきましたが、興味は沸きましたか?

興味が沸いたら、まずはRe就活に無料会員登録をしましょう。

その際に、「Re就活エージェントから情報を受け取る」のチェックをしたまま会員登録をしてください。

その他の登録項目は、氏名、カナ、メールアドレス、パスワードです。

プロフィールやWEB履歴書は後から入力できます。

\登録は簡単・相談は無料!/
>>Re就活エージェント公式サイト<<