既卒の就活で書類選考に通過しない時の対処法

就活コラム

書類選考に落ちてばかりで八方塞の時に役立つ対処法があります。それは、書類添削をしてもらうこと、書類選考のない企業に応募することです。

書類添削をしてもらう

書類選考に通過しないのであれば、履歴書、エントリーシートの書き方に問題があります。その問題を解決するためには、応募書類を添削してもらう必要があります。

それでは、どこに添削を頼めばよいのかというと、就職エージェント、ハローワークです。何れも無料で応募書類の添削をしてくれます。

もしあなたが資金的に問題が無ければ、お金を払って添削をしてもらうこともありです。個人の転職アドバイザーや添削専門サービスが有料で添削を行っているので頼んでみましょう。

書類選考なしの企業に応募する

面接から選考がスタートする求人を持っている就活サービスを利用すればあなたの問題は解決します。

ここであなたは面接から選考がスタートする求人を保有している就活サービスがあるのか疑問に思うかもしれません。

実はあるんです。その就活サービスとは、就職カレッジ、就職Shop、DYM就職、東京しごとセンターミドルコーナー、就活エクスプレス、ハローワーク、リクナビダイレクト既卒版です。

就職カレッジ

人材紹介会社のジェイックが運営する20代の既卒・フリーター・ニート・第二新卒向けの就職エージェントす。7日間の研修を修了すると、20社との面接会に参加する権利が与えられるため、書類選考がないのです。

就職カレッジってどんな就職エージェント?メリット・デメリットを交えて解説しました
ジェイックが運営する就職カレッジってどんな就職エージェントなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 就職カレッジの基本情報 就職カレッジはどんな就職エージェント? 18~29歳の既卒フリーター・ニ...

就職Shop

リクルートキャリアが運営する店舗対面型の既卒・フリーター・ニート・第二新卒向け就職エージェントです。約8,500社もの登録企業の中からあなたの希望・適性に合った企業を紹介してくれて、書類選考なしで面接を受けることができます。

就職Shopってどんな就職エージェント?メリット・デメリットを交えて解説しました
リクルートキャリアが運営する就職Shopってどんな就職エージェントなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 就職Shopの基本情報 就職Shopはどんな就職エージェント? リクルートキャリアが運営...

DYM就職

DYMが運営する既卒・フリーター・ニート・第二新卒向け就職エージェントです。一部上場企業やトップベンチャー企業を含む約2,000社の求人は全て書類選考免除です。

DYM就職ってどんな就職エージェント?メリット・デメリットを交えて解説しました
DYMが運営するDYM就職ってどんな就職エージェントなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 DYM就職の基本情報 DYM就職はどんな就職エージェント? DYMが運営する第二新卒・既卒・フリーター...

東京しごとセンターミドルコーナー

公益財団法人東京しごと財団が運営するジョブカフェ(各都道府県版のハローワークのようなもの)です。ミドルコーナーは30~54歳までを対象としていて、職歴なしや非正規であっても利用できます。毎月1回書類選考なしの合同面接会が行われています。

東京しごとセンターってどんな就活サービス?メリット・デメリットを交えて解説しました
財団法人東京しごと財団が運営している東京しごとセンターってどんな就活サービスなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 東京しごとセンターの基本情報 東京しごとセンターってどんなサービス? 厚生労働...

就活エクスプレス

公益財団法人東京しごと財団がパソナに委託して運営している就職エージェントです。正社員在職中や自営業者を除く30~44歳の非正規雇用者を対象にしていて、上記の就職エージェントで対応しきれない層の受け皿的存在です。毎月1回書類選考なしの合同面接会が行われています。

就活エクスプレスってどんな就活サービス?メリット・デメリットを交えて解説しました
財団法人東京しごと財団が人材サービス会社に委託して運営している就活エクスプレスってどんな就活サービスなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 就活エクスプレスの基本情報 就活エクスプレスとは? 公...

ハローワーク

大学卒業後3年程度までは新卒応援ハローワーク、それ以降はわかものハローワークが既卒・フリーター・ニートの就職を支援してくれます。ハローワークでは就職面接会が行われていて、書類選考なしで面接を受けられます。合同就職面接会は年間10回以上、ミニ面接会は年間50回以上開催されているので積極的に参加しましょう。

ハローワークってどんな就活サービス?メリット・デメリットを交えて解説しました
ハローワークと聞くとどういう印象を持つでしょうか?仕事を辞めた人が行くところと思う人が多いかもしれませんが、実は新卒者や職歴の無い人の就職サポートも行っています。そこで、このハローワークのサービスについてメリット・デメリットも交えて解説しま...

リクナビダイレクト既卒版

リクルートキャリアが運営する既卒向けの求人サイトです。10,000社の求人はすべて既卒向けで、1人でも説明会が行われ、選考は面接からスタートします。説明会は選考を兼ねたものが多いので参加をお勧めします。

リクナビダイレクト既卒版ってどんな求人サイト?メリット・デメリットを交えて解説しました
リクルートキャリアが運営するリクナビダイレクト既卒版ってどんな求人サイトなのか気になりますよね?そこで、メリット・デメリットも踏まえて解説をしました。 リクナビダイレクト既卒版の基本情報 リクナビダイレクト既卒版はどんな求人サイト? ...

2つの対処法の問題点と解決策

2つの対処法には問題点があります。しかし解決策もあるので心配の必要はありません。

1つ目の対処法の問題点

お金を払って就職エージェント、ハローワーク、個人の転職アドバイザー、添削専門サービスに添削をしてもらうと確かに書類選考通過の確率は上がります。ただし、確率が100%になることはまずありません。ここが問題点です。

もし確実に書類選考を通過したいのであれば、最初から書類選考なしの企業に応募すればよいのです。

2つ目の対処法の問題点

書類選考なしの求人を持つ就職エージェントや求人サイトの多くは保有求人のほとんどが20代の若年層向けです。そのため、30代以降の既卒者は利用しにくいか、利用できません。ここが問題点と言えます。

しかし、30代以降の既卒者でも利用できる就活サービスはあります。それは、東京しごとセンターミドルコーナー、就活エクスプレス、ハローワークです。

書類選考なしの企業に応募するでも述べたように、就活エクスプレスは正社員在職中や自営業者を除く30~44歳の非正規雇用者をサポートしていますし、ハローワークも44歳ぐらいまではわかものハローワークがサポートしています。

また、44歳以降でもハローワークはサポートしていますし、東京しごとセンターミドルコーナーは54歳までサポートしているので何らかのセーフティーネットはあります。

まとめ

既卒の就活で書類選考に通過しない時の対処法は次の2つがあります。

  • 書類添削をしてもらう
  • 書類選考なしの企業に応募する

しかし、この2つの対処法に問題点があります。それは次の2つです。

  • 書類選考通過の確率が100%になることはない
  • 年齢によって利用しにくい、利用できない就活サービスがある

この2つの問題点も次の2つの方法で解決します。

  • 書類選考なしの就活サービスを利用する
  • 30代以降でもサポートしている就活サービスを利用する