書類選考がない会社は大丈夫?行わない理由を含めて解説

書類選考がない会社のイメージ就活ノウハウ

就職でも転職でも書類選考がある会社の方が多いです。

企業側も明らかに自社に合わない人物との面接に時間を取られたくないからです。

しかし、書類選考がない会社も存在します。

それはいったいなぜなのでしょうか?

書類選考がなくて大丈夫なのでしょうか?

その辺を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
フリーター就職・既卒就職なら【JAIC】

書類選考がない理由

そもそもなぜ書類選考がないのか、理由を確認しておきましょう。

知名度がなく応募者が少ないから

広告宣伝をしている企業は知名度があるので、募集をすれば応募者も自然と集まってきます。

しかし、中小・零細企業の多くはそんな力はないため、知名度がなく、応募者も集まりにくいです。

わざわざ応募してきてくれた人達をふるいにかけてしまったら、面接する人がいなくなってしまうので、書類選考がないのです。

筆記試験も含めて判断しているから

多数の応募者がいる大企業でよく見られますが、筆記試験のみ、もしくは筆記試験も含めて判断しているので、書類選考がない、通過の基準が緩いことがあります。

これはひとりひとり応募書類を見ていたら、いくら時間があっても足りず、業務に支障が出るためです。

実際に会って確かめたいから

応募書類だけではその人のすべてを知ることはできません。

面接で人物をよく確認した上で判断したいので、書類選考をなしにしている企業も多くあります。

特に、若年層向けの採用に注力している企業によく見られます。

就職・転職サービスを通じてスクリーニング済みだから

転職・就職エージェントや求人サイトといったサービスを経由して応募している場合、書類選考がなしになることがあります。

つまり、エージェントの担当者が事実上の書類選考を行っていることになります。

求人サイトは違うのではと思いがちですが、スカウト機能や逆求人サイトを利用している場合、サラッと経歴を見て良さそうだったら、面接のオファーを出す仕組みになっているので、書類選考がなしになります。

欠員募集だから

経験・スキルを持っている人が急に辞めてしまったり、事業戦略上急ぎで人が欲しい場合、書類選考なしで募集することがあります。

退職者が多いので足切りをしていない

退職者が多いために、足切りをしてしまうと補充が出来なくなるため、書類選考をしていない企業もあります。

いわゆるブラック企業がこれに当たります。

書類選考の有無で大丈夫かは判断できない

理由を見ても分かるように、書類選考が無いからと言ってブラック企業であると断言できませんし、あるからホワイト企業であるとも言えません。

例えば、使い倒してやろうという意図で書類選考をしているブラック企業もあるかもしれません。

そんな会社に入ってしまったら、心身ともに疲弊するだけでなく、経歴に傷がついてしまいます。

つまり、書類選考の有無で大丈夫かどうかを判断してはいけません。

では、どこで大丈夫なのかを判断すれば良いのでしょうか?

そしてブラック企業を避けるためにはどうすれば良いのでしょうか?

既卒がブラック企業を避けるための見分け方をまとめてみた」ではブラック企業を避ける方法を詳しく解説しているので、こちらを合わせて見てください。

まとめ

以上をまとめますと、書類選考の有無で会社が大丈夫かどうかを判断してはいけません。

その要因となるのが以下の書類選考がない理由です。

  • 知名度がなく応募者が少ないから
  • 筆記試験も含めて判断しているから
  • 実際に会って確かめたいから
  • 就職・転職サービスを通じてスクリーニング済みだから
  • 欠員募集だから
  • 退職者が多いので足切りをしていない